小さなミラクル通信

小さなミラクル探し、ご一緒にどうですか~

愛猫ブランディはどこに

f:id:norikowatanabe7:20200828175546j:plain

先日8月に亡くなった雄ネコのマーキーのお話をしましたが、今日はもう一匹絶対に忘れてはならない愛猫、雌のブランディにまつわる不思議なお話をさせてください。

マーキーと同様にブランディも、ちょうど10年前の8月に19歳で虹の橋を渡りました。

私のところに来て以来16年間、ロサンゼルスで2回そしてサンディエゴで3回一緒に引っ越しました。

f:id:norikowatanabe7:20200828172313j:plain

とてもおとなしくて繊細なネコでしたが、新しい場所に引っ越す時はすぐに適応して、とても助かりました。

勘の良いところがあり、私が悲しみにくれているような時は、隣に座ってずっと寄り添ってくれるようなネコでした。

また多指症という指が6本ある珍しいネコでしたが、よく言われているように、飼い主の私にたくさんの幸せを届けてくれたと思っています。

f:id:norikowatanabe7:20200828172329j:plain

そのブランディが大往生を遂げた後、人間家族ももちろんですが、マーキーは悲しくて悲しくて、数か月の間様子がおかしかったです。

そんなある日、夕食後に夫とマーキーと一階の居間で寛いでいると、突然二階のほうからかすかに「ニャ~、ニャ~」と二度程聞こえました。

とっさに「ブランディが鳴いてる」と思ったのですが、そんなバカな......

「今、聞こえたよね」と、夫と言い合いキョロキョロ上の方を見ていると、寝ていたマーキーも首をもたげて、二階を見上げるような表情をしています。

「マーキーにも聞こえたみたいだね」と、普段は怪奇現象などあまり興味のない夫も、珍しく不思議なことを言っています。

そして私だけでなくマーキーにも優しかったブランディが、「ここにいるよ。いつも見てるからね」と教えてくれたのだなと思うことにしました。

10年前はスマホで毎日写真を撮るような生活ではなかったので、ブランディの写真があまりないのがちょっと残念です。

でも私たちの心にはブランディの記憶が、いつまでもくっきりと刻まれています。