小さなミラクル通信

小さなミラクル探し、ご一緒にどうですか~

シニア:「なかなかコロッといかないのよ」

f:id:norikowatanabe7:20190930070812j:plain

もうすぐ91歳になる母の最近の口癖は、

「なかなかコロッといかないのよ~」です。

これを云う時の母の表情はにこやかで「困ったもんだわねぇ」と言う感じです。

母はこれまで様々な病気や事故にあい、満身創痍状態にもかかわらず、今でも東京のど真ん中で一人暮らしをしています。

そんな母を見て私の友人たちは「不死身のお母さん」とか「死にそうで絶対に死なないお母さん」と評しています。

それを聞いて「アハハ」と笑っていた母ですが、この頃体の不調を訴えるようになりました。

繰り返し出るのが腰痛や風邪のような症状です。

診察してもらっても入院するほどではありませんが、薬をのんでも湿布をしても症状はなかなか改善しません。

先日も10日ほど泊まり込みで様子を見に行きましたが、苦しいそうな様子ながら、まだ様々なことを一人でしようとしています。

後続シニアの私は、そんな母を見ながら自分の行く末に思いを馳せます。

私が91歳まで生きたら、こんなに元気でいられるかしら....

母シニアホーム入りを決意

f:id:norikowatanabe7:20190930073255j:plain

「一人が一番気楽」とこれまで言っていた母ですが、やはり心細くなったのか最近シニアホームに入ることを決意しました。

二世帯で一緒に暮らす案も出ましたが、数か月前に私と同年齢のいとこが突然亡くなったこともあり、「だれが先に逝くか分からないから」と、言いうのが一番の理由です。

知り合いでも60代の息子や娘さんが、90代のお母さんより先に亡くなるケースも複数ありますので、母の選択は賢明かもしれません。

今は福祉士のサポートを受けながら、ホームを選んでいるところですが、たぶん私の自宅から近い場所になるのではないかと思います。

終活ノートはアプリの時代

私も母に似て「老いてから誰にも迷惑をかけたくない」と強く思います。

母と違って私の場合は子供がいませんので、今年中には何らかの形で自分の意思をまとめておこうと思い、「終活ノート」なるものをネットで探しました。

するとなんとビックリ!終活ノートもアプリの時代になっていました。

syukatsulabo.jp

できるだけ誰にも迷惑がかからないように、早速私もアプリを使って自分の考えをまとめようと思います。