小さなミラクル通信

小さなミラクル探し、ご一緒にどうですか~

GNH「国民総幸福感」を上げる

f:id:norikowatanabe7:20190923073620j:plain

国民総幸福感(GNH-Gross National Happiness)という言葉を時々耳にします。

毎年発表される「世界幸福度ランキング2019」によると、GNHが最も高い国はフィンランドノルウェーなどの北欧諸国です。

また先進5か国の順位はイギリス15位、ドイツ17位、アメリカ19位、フランス24位、そして日本は残念ながら156か国中の58位です。

アジア圏では、台湾が一番高くて25位、次いでシンガポールが34位、そして韓国が54位となっています。

GNHは文化的影響を受ける

f:id:norikowatanabe7:20190922173320j:plain

西欧諸国に比べてアジア諸国の順位が低いのは、自分の気持ちを表に出さない習慣が影響しているようです。

アジアの中でもとても豊かな国日本で、なぜ人々の持つ幸福感がこのように低いのでしょう。

それは日本文化で美徳とされる「謙遜」と「卑下」を混同している人が多く、自己肯定感が低いことが一因と思われます。

また「気を遣う」ということが尊ばれる社会ですから、「自分の本当の気持ちを無視して周りを気遣う」ことが習慣化している人も多いでしょう。

行き過ぎた卑下や自分の気持ちを無視し続けることは、満足感や幸福感を低下させます。

これを習慣化するとGNHは間違いなく上昇

f:id:norikowatanabe7:20190922153057j:plain

あることを「歯磨き」のように毎日の習慣にしたら、日本人のGNHは間違いなく上昇します。

それは寝る前にその日一日を振り返り「幸せ」あるいは「ありがたい」と思えたことを書き留める習慣です。

たったこれだけですから、信じられないと思う方も多いかもしれません。

しかし生活の中にある「幸せ要素」を認識することで、ポジティブな変化が起きることが、最近の科学研究で明らかになりました。

科学が証明した「幸せ要素」を認識するパワー

f:id:norikowatanabe7:20190922165520j:plain

生活の中の「幸せ要素」に気づくと、

  • 気持ちが安定し人間関係が向上、
  • 脳内の視床下部(Hypotharamus) が刺激されてストレス消化、
  • 脳内の「ご褒美」をもらった時に反応する腹側被蓋野(Ventral Tegmental )を刺激し、喜びの感情が高まる。

また笑い研究によると、本当に可笑しくて笑う場合と作り笑いを比べたところ、作り笑いでも「可笑しい」時と同じ反応が脳内で起こることも分かってきました。

これらの研究結果を受けて、状況にかかわらず「幸福感は向上できる」という意識が、最近アメリカでは一般化しています。

「歯磨き習慣」のように行う「幸せ習慣」

f:id:norikowatanabe7:20190922165326j:plain

国民総幸福感を上昇するための「幸せ習慣」は、とても簡単です。

お勧めは寝る前にスマホのメモを使って、その日幸せと感じたことを書き留めるだけです。

たとえその時に気持ちがついてこなくても全く構いません。

どんなに落ち込んでいても、1つくらいは何か見つかるはずです。

下記に例をご紹介します。

  • ランチのカツ丼が美味しかった
  • 子供の寝顔が天使のよう
  • 寝坊したけど電車に間に合った
  • 久しぶりに晴れて傘いらず
  • 内容はどうであれ仕事がある

こんな簡単なことで、気持ちの維持や改善が図れるのです。

ブログ記事「女子トイレのおきて」にも書きましたが、日本人はとても学習能力が高い民族です。

家庭や学校で歯磨き習慣のように「幸せ習慣」を推奨したら、しばらくすると日本のGNHは他の先進諸国と同じくらい上昇するはずです。

参考資料

https://greatergood.berkeley.edu/images/application_uploads/Emmons-CountingBlessings.pdf

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18502730

https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1111/j.1467-9280.1993.tb00576.x

www.nytimes.com