小さなミラクル通信

小さなミラクル探し、ご一緒にどうですか~

こころの健康知恵袋

幸福は自分で決めるとやってくる!

長い間人の脳機能は一度形成されると、その後変わることはないと思われてきました。 しかし近年の研究によれば、その考え方は間違いであると、次第に認識されるようになりました。 心と脳の関係 進歩が著しい精神神経免疫学 (Psychoneuroimmunology) は、人…

子供が泣き叫んだ時 さけること/すべきこと

外で泣き叫んでる子供を見かけることがありますね。 そんな時お母さんは本当に大変です。 昨日も近所の公園で泣き叫んでいる子供とお母さんがいました。 何気なく聞いていたのですが、お母さんの大声での受け答えがますます子供を興奮させていることに気づき…

ネガティブは否定しないで

以前『ネガティブ矯正クリニック』というアマゾン電子書籍を出しました。 しかし数年経った今よく考えてみると、このタイトルは良くなかったなと思います。 なぜなら矯正という表現だと、良くないから直さなければといけない、と思う人も多いでしょうね。 ち…

仰天!文化の違い2

ある時、東南アジアのある国に住んでいる一時帰国中の女性と面談しました。 女性の旦那さんは東南アジアの方で、その国ではよく知られた名家の出身だそうです。 親戚には大臣経験者や学者、医者などがいて、皆とても裕福な暮らしをしています。 結婚5年目だ…

自己肯定感を上げる・ よしよしメソッド

はや子のことを考えて、周りの人は「もう勘弁してくれ」という気になります。 夫は一流会社に勤め、成人した子供たちも優秀です。 ところがはや子の目を通してみると、すべてが不完全であり不満の原因になるのです。 夫はただの窓際族だし、子供の連れてくる…

墓じまい

85歳になる女性が出身地にある墓の墓じまいを希望しています。 若い頃に離婚しずっと一人を通してきた人生ですが、85歳になり体の動くうちに先祖のお骨を、今住む町の寺にある合葬墓に移したいというのです。 そうしないと自分から二代程あとの世代になると…

笑い!心臓病リスク/死亡率を低下

こんにちは。皆さん今日は何か大笑いしたことありますか。 これまでも何度かブログ記事に書きましたが、笑いは健康増進に大いに役立ちます。 ここ20年ほどアメリカでは大学病院やガンセンターなどで、笑いを取り入れた治療が行われるようになり、術後の回復…

思いやりの人になれる意外な方法

子供の頃に「本を読みなさい」と言われて育った人は多いことでしょう。本を読む利点としてまず思い浮かぶのが、読解力がつく、理解力がつく、漢字を覚える、文章力が増すなどがあります。 そしてもう一つ忘れてはならないのが、他者を思いやる心が育つという…

挑戦を可能にするイメージ法

C子さんの耳元で「出来るわけないよ」と、足を引っ張る声のささやきが聞こえます。 新しいことをやろうかなと迷う時は、これまでもいつもこの声が聞こえていました。 今回も友人や夫が「ヒップホップダンスなんて無理だよ」と、言ったわけではありません。 …

音楽の魔法・頑固なシニアの心に灯をともす

懐かしい音楽が流れてきて、急に昔の情景や思い出が浮かぶことありますね。 懐かしさや甘酸っぱさ、ワクワクや寂しさなど、強い感情が一気に押し寄せてくることもあるでしょう。 自分が活力に満ち一生懸命生きていた日々の記憶が、音楽によって呼び起こされ…

批判を止めるとイライラ感が減少する

イライラが続くのは嫌なものですね。そのイライラどこから来るのでしょうか。 ストレスのかかるような状況からでしょうか。それとも理由ははっきりしないでしょうか。特に女性の場合は、ホルモンバランスの変化によってイライラすることもありますね。 人の…

相手の悪癖責めても変わらないと思います

心理カウンセリングの中でとても多いのは、人間関係のお悩みです。 その相談内容は、夫婦、親子、兄弟、友人や仕事での人間関係など様々です。 そしてそのような時多くの人が解決法として考えるのが、相手を何とか変えたい、あるいは相手が変わってくれたら…

魅力的なシニアは生きがいを複数持つ

独身時代から苦楽を共にしたネコのブランディが十九歳で天国へ行った時は、心にポッカリと穴が開いたようでした。 ペットとはいえ長年一緒にいれば大切な家族です。ロサンゼルスでの一人ぼっち生活で、ブランディは私に生きがいを与えてくれた存在でした。 …

不安感はどうしたら良いか

常に心にのしかかる不安が一瞬で消えたら、どんなに良いでしょう。 不安感が継続する原因は、脳内物質の値や、過去に受けた辛い経験などがあります。 そしてもう一つの原因として、考え方の癖というものがあります。 例えば、自信のない人は「自分はダメ人間…

悲しさむなしさを吹き飛ばす自己催眠メソッド

その時私はすっかりしょげていました。元来怠け者で根性なしの私が何を間違えたか四十代でアメリカの大学院生になったのです。 クラスは少人数制で十人やそこらです。そして教授や同級生の前で毎週のように英語で様々なテーマの発表をさせられます。 同級生…

暇は大敵!

アメリカの心理セラピストは、年に2回かき入れ時を迎えます。アメリカでは心理カウンセリングに保険が利きますので、多くの人が気軽にそして頻繁にカウンセリングを受けるのです。 二月。クリスマスから正月にかけてのバカ騒ぎが終わると、相談に訪れる人の…

不安解消はこれにおまかせ!

不安を抱えて生活するのは、とてもつらいことですね。でも不安をそのままにしておくと、どんどん大きくなってモンスター化してしまうこともあります。 すると食欲がなくなったり、仕事に集中できなくなったりします。 心配モンスターを撃退するためのツール…

追えば逃げる旦那さん

人間て追われると逃げる習性があるようですね。もしかするとこの習性は、太古の昔から何かに追われるのは命の危険に直結する、という本能的な認識から生まれたのかもしれません。 気持ちの上で追いかけるような場合も、同じようなことがよく起きます。夫婦や…

モテる条件・微笑みの魔法

微笑みには不思議なパワーがあるのはごぞんじですね。そうは聞くけど本当かしらと思っている方に、最新科学が証明したほほえみの効果をご紹介しましょう。 作り笑いすれば幸せな気持ちになる ものすごくへこんでいる時に口角を上げたって幸せな気持ちになれ…

これって考える必要ありますか?

私たちの思考の流れは覚醒中ノンストップで、次から次へと出てきます。その中には雑念も多々あります。 一説によると先進国に住む人の一日の思考の約8-9割が、どちらかというとネガティブな事柄だそうです。 そしてどのような思考が頭に浮かぶかによって、一…

内向的は短所ではない

友人があまりいなくて寂しい。このようなご相談を受けることがあります。そしてそのような人達は、しばしば自分は外交的でないからと嘆きます。 この場合の外交的とは広い交友関係を持ち、上手く社会に適合するという意味だと思われます。そして確かに今の世…

イヤなことがイヤでなくなる!

あれも嫌だし、これも嫌だし、アーッ!って頭をかきむしりたくなる瞬間ってありますよね。 この「アーッ!」を何とかしないと、心も体も参ってしまいます。ストレスが溜まってご飯が食べられなくなったり、寝られなくなったり。仕事の能率もグーンと下がるか…

人の目が気になる人へ

М子さんは他人から自分がどう見られているか気になって仕方がありません。 「嫌われているんじゃないかしら」、「あんなこと言ってしまったけど傷つけたかな」こういう思いが頭の中を駆け巡ってしばしば鬱々としてしまいます。 他から好かれたいとか認められ…

「ポツンと一軒家」を見て孤独を考える

「ポツンと一軒家」という番組を家族が毎週見ています。私はこの時間はお風呂タイムと決めていて、これまで進んで見たことはありませんでした。 しかし家族があまりにも楽しみにしている様子から、「山奥の一般人を訪ねる番組がなぜそんなにおもしろいのか」…