読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さなミラクル通信

一日ひとつ小さなミラクル = 心のサプリ

やっぱり、ネコ飼おうかな

私は動物好きで中でもネコの魅力に取りつかれてから久しくなります。アメリカに住んでいた30年間のうち、20年以上猫がいる生活だったので、最後の老ネコが天国に行った当初はとても寂しく思いました。

 

しかし月日が経つにつれネコ無し生活に徐々に慣れました。その間に日本永住帰国という大プロジェクトもあり、いつしかネコはいなくても大丈夫と思っていたのですが..... ある人の「生活に楽しみを加えることは迷わずやった方が良い」という言葉に後押しされ、最近また飼ってみようかという気になりました。

 

動物が人間に及ぼすポジティブな影響は、聞いたことある方も多いことでしょう。アメリカではペットを使った治療はAAT(Animal Assisted Therapy)と呼ばれて色々と研究や実験が行われています。

アメリカン・ハート・アソシエーションの行った心臓病患者に対する研究では、人のお見舞いより犬のお見舞いのほうが患者の血圧低下、悪玉ホルモンの減少、不安感の低下が大きかったと報告しています。犬の持つ損得勘定なしの無償の愛の効果でしょうか!

 

また別の研究では定期的な動物との接触により、血圧、心拍数、免疫力、ウツ、不安感、自分の健康に関する見方、そして寂しいと感じる気持ちなどが好転したと報告しています。

 

南カリフォルニア大学の研究チームは、自閉症児の行動パターン改善のため特別にトレーニングされた犬を使ってみました。すると犬は自閉症児の好ましくないパターンの改善や家族とのコミュニケーション向上に役立ちました。何より自閉症児と犬の絆が生まれたことが大きかったようです。

 

認知症の改善にも動物セラピーは役立っています。大声を上げたり暴力的な傾向のある認知症患者に動物との交流を3週間行いました。すると暴力的な行動は明らかに減少し、他の人との好ましい交流パターンの増加が見られたそうです。

 

私も明日いよいよ近所のペット・クリニックに居候中の茶トラ君に面会に行きます。もしこの茶トラとの相性が良かったらもらい受けるつもりで、今ネットでペットグッズを眺めながら、ワクワクドキドキしているところです。

参考資料

写真やイラストはグーグルイメージからお借りしています