小さなミラクル通信

一日ひとつ小さなミラクル = 心のサプリ

ネコの応援歌

f:id:norikowatanabe7:20160530190448j:plain    

 元来怠け者で根性なしの私が、何を間違ったかアメリカの大学院に行き、カリフォルニア州サイコロジー免許を取る羽目になったかは、今考えても不思議です。そのいきさつはまたの機会にするとして、これはサイコロジー免許取得の最終試験日に起こりました。

その日は午後1時からの試験のため、ざっと問題集を見直したり、気持ちを落ち着けるために20分の呼吸法を行ったりして、出かけるまで過ごしました。

そのように時間を過ごしていると、いろいろな感情が去来します。この試験に受かればもう一生こんなに勉強する必要もないなとか、なんで私が外国でこんなことをしているんだろうとか。大事な試験の朝にはあまり出てきてほしくないものばかりです。

そうこうしているうちにやっと出かける時間が来ました。いよいよ「いざ出陣」です!すると昼間はいつも二階で寝ている老猫たちが、二匹で階下に降りてきました。そして少し先からじっとこちらの顔を見ています。声をかけたわけでもないのに不思議です。

その猫たちに向かって「お母さんは今日の試験に受かってくるわね」と声をかけると、なんとすごい形相でニャ―ッと叫びながら猛ダッシュで私の足元まで飛んできました。猫たちの気合の入った表情と叫び声はまさしく「ときの声」そのものでした。

その猫たちもこの写真撮影から数年後に天国に行き、今となってはとても懐かしい思い出です。それにしても猫たちは何を感じていたのでしょうか。

small-miracle.hatenablog.com