読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さなミラクル通信

一日ひとつ小さなミラクル = 心のサプリ

あなたの決意と同等の幸せがやってくる

心理カウンセラー知恵袋

 

 

「幸せになろうと決心した大抵の人は、その決意と同等の幸せを見出す」

 “Most folks are about as happy as they make their minds up to be” Abraham Lincon 

 

これは第16代アメリカ大統領だった、リンカーンの言葉です。つまり自分が幸せになりたいと思ったら、「幸せになるぞ 」という決意が必要だというわけです。ちょっと信じられませんが、最近の研究によるとリンカーンの言葉を科学的に裏付けるような結果が、いろいろと報告されています。

 

精神神経免疫学 (Psychoneuroimmunology) は、人の心の動きが、脳にどのような影響を及ぼすかを研究解明する学問です。長い間人の脳機能は一度形成されると、その後変わることはないと思われてきました。しかしその考え方は間違いであると、認識され始めています。

 

心的ストレスが自律神経や内分泌系に影響を及ぼし、免疫系の調節を促したり、免疫細胞の機能変化を誘導することが分かってきています。こう考えると私達が何を考え、何を感じるかということが、私たちのトータルな健康、そして幸福感にも大きく影響を及ぼすと言えます。

 

       

  「だめだ」「たりない」「出来ない」「失敗するにちがいない」などの、否定的言葉を継続的に使うと、自分ばかりでなくそれを聞いた周りの人達までも、心身の疲弊を促す物質が体内で分泌され、また自信 (Self-confidence) の低下も報告されています。

 

健康で幸せな人生を送るためには、自分の考え方や感じ方を見直す必要があります。それには「やってみよう」という小さな決意が必要ですね。

 

 

人生にはあらゆるチャレンジや困難が待ち受けています。私たちがそれをどのように受け止めるか、そしてどのように向き合うかで、苦しみやつらさは大きくもなれば小さくもなります。

 

心の苦しみを増大させるのも私たちの心の持ち方次第であり、自分を苦しめる思考に決して心を占領させまいと決心すると、思い煩うことに費やしていたエネルギーを、問題解決の方に集中出来るようになってきます。

 

 

この決意はなかなかするのが難しい。ところがこの決意をしないかぎり、人生の中で遭遇する様々な難題を解決し、困難を平静な心で乗り越えていくのは不可能なのです。そしてそれが幸せな人生を築く出発点です。

 

小さな決意から始めて、次第に大きな幸せを手に入れてみませんか。

写真とイラストはグーグルイメージからお借りしています