読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さなミラクル通信

一日ひとつ小さなミラクル = 心のサプリ

魅惑の花 人知れず咲く

懐かしの南カリフォルニア

 

家の近くの参道に沿って細い緑地が続いていて、そこに彼岸花が咲いています。若いころ彼岸花は特に好きな花ではありませんでした。しかし人間は変わるものですね。今はこの花が大木の根元でひっそり咲いているのを眺めるのが、なんだかとても好きになりました。

 

 

しばし彼岸花を眺めていたら、何十年も前に見た花を思い出しました。その花の正式名称はアマリリスベラドンナ、俗称はネイキッド・レディ(和名:裸の美女)と言います。花の形は大分違いますが、その立ち姿が彼岸花にとても良く似ていました。

 

 

ネイキッド・レディはロスアンゼルスで仲良くしていた友人の裏庭で、ひっそりと咲いていました。周りには大木以外何も植えられていないので、秋になってこの花が咲くとあたりがパッと華やぎます。

 

ネイキッド・レディの俗称の由来は、花が咲き終えるまで葉が出ないからのようです。その裸のような茎の上になんともフェミニンな花がついています。

 

初めて見た時はその姿にちょっと息をのみました。裸の茎の上に美しい薄ピンクのゆりのような花がついて、どちらかと言うと薄幸の美女といった風情です。

 

 

彼岸花を見てこの花を思い出したのも納得です。グーグルで調べたらネイキッド・レディは、彼岸花科の植物と書いてありました。日本でこの花が咲いているのは見たことがありませんが、検索したら日本でもネイキッド・レディの球根を買うことが出来るようです。

 

この花の咲く家に住んでいた友人は、大分前にシカゴに引っ越してその後消息が分からなくなりました。その友人もあの庭のネイキッド・レディも、今どうしているでしょうか。

 

id:gbu28t