読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さなミラクル通信

一日ひとつ小さなミラクル = 心のサプリ

子供のウソ、どうする?

心理カウンセラー知恵袋

邪気のない作り話を含めて、うそをつかない子供はいないと思います。年齢別の子供のウソについて考えてみましょう。

幼児 責めると余計ウソをつく可能性がある

 

2-3歳児は何か悪いことをした時や、何かがほしい時にウソをつく傾向があります。上の写真の男の子も鏡にペンで落書きして「バットマンがやった」と、無邪気な顔で主唱してます。

新米お母さんの中にはこのような子供のウソでも不安を覚える人もいるかもしれません。でもこの年頃の子供は真実と作り話の区別がつかないので、あまり問題視する必要はありません。

小学校前の子供で特にIQの高い幼児に作り話の傾向が強くあります。リサーチによると幼児時期に作り話を多くした子供は、思春期までに良いソーシャルスキルを身に着けるという報告があります。

基本的には誠実さを教えるのは大切なので、下記のように対処すると良いですね。

  • ネコのしっぽを引っ張って指摘されたら、「お姉ちゃんがやった」と主張
  • お母さんは責める代わりに「ネコが痛くてかわいそうね」と教える
  • ウソのコンセプトがまだ幼児は分からないので、事実と違うと指摘しても何のことか分からない
  • 子供がコップを壊したのを発見して、「コップ壊したの?」と聞くのは子供のウソを引き出してしまう
  • 代わりに「コップ壊れてるわね」と言うと、子供は何が起きたかを言いやすくなる

5-8歳児 なぜウソをついたかを理解する必要がある

 

この年齢の子供はまだ現実と作り話の違いがすっかりクリアーではありません。この年齢の子供にかかわらず、なぜ子供がウソをついたのか親は理解する必要があります。それをしないで、子供をただ罰してもウソがますます増長する可能性があります。

子供がウソをつく理由

  • お母さんをがっかりさせたくない
  • お仕置きがこわいー恐れ
  • 苦手なものを避けるため(算数の苦手な子が算数の宿題はないよという)

 

9-10歳児 とてもがっかりだと伝える

 

この年齢の子供はほぼ現実と作り話の区別がつきますが、まだ子供によってあるいは場合によっては曖昧なこともあります。このころの子供は、話のうわべを飾ったり細部をごまかしたりするのはそれほど問題視する必要はありません。

10歳過ぎの子供が親に話の詳細を伝えすぎるのも、精神的な成長の遅れと考える場合もあります。

ウソをつく理由は5-8歳時のものに加えて下記が考えられます

  • 慢性的に不安感を持っている
  • 子供が周りの反応を考えすぎた結果としてウソをつく
  • 家庭環境に問題
  • ウソをつくことが習慣化している
  • 利口な子供はウソを手段として用いることを学ぶ

 

正直な子供を育てるには

  • まず親が正直であること。子供は周りの人たちを見てウソをつくのを学びます。子供の外での経験を完全にコントロールするのは不可能ですが、まず親が率先して家の中からウソをなくしましょう
  • 多すぎるルールや過度なルールは子供のウソを増長しがちです。ルールの見直しをしてみましょう
  • 罰をあたえるのは習慣的なウソの軽減にはつながりますが、良い行動を強化するものではありません
  • 罰や怒鳴り声で指導しても子供のウソはなくなりません
  • 穏やかな声で「ウソをつくと信用を無くすことになり、人間関係に深刻な問題をおよぼす」というメッセージを子供の年齢に応じた言葉で伝えましょう
  • 「ウソは悪いから罰します」というメッセージより「あなたがウソをついてとても悲しい。お母さんはとても傷つきました」と言う方が数倍効果があります

 

ウソをなくすことより正直さの強化に重きを置きましょう。子供が真実の尊さを理解するよう教えましょう。子供が罰を怖がるのではなく、ウソそのものを忌避することをめざしましょう。