読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さなミラクル通信

一日ひとつ小さなミラクル = 心のサプリ

知らないうちに日本風邪にやられました

日常の話

日本に永住帰国して八か月を迎えようとしています。以前住んでいたカリフォルニア州サンディエゴと日本は気候が随分違います。サンディエゴも四季は一応あるのですが、日本のように極寒や猛暑はほとんどありません。年間を通して湿度も低いので、温度が上がっても建物の中は涼しいんです。

 

そんな気候に慣れ切った私の体は、気付かないうちに日本の気候に順応しようとしていたようです。なぜかと言うとこれまで何年も熱など出たことがなかったのに、この八か月の間に38度代の熱の出る風邪を二度も引きました。環境の変化に体が対応しきれずに、免疫力が落ちていたのかもしれません。

 

初めての時はお医者さんから「熱は何度ありますか」と聞かれても答えられませんでした。それまで何しろ元気だったので、体温計すら持っていなかったのです。診察のあと体温計を買って測ってみると、最高38.8度の熱が出て、咳はひと月も続きました。

 

そして今回もです。ずっと38度台の熱が続き、嘔吐やのどの痛みまた体の痛みが続きました。普段病気とは無縁の夫も今回はダウンして、二人で静かに療養しています。

長い事風邪らしい風邪を引いたこともなかったので、いろいろと勉強になりました。手洗いやうがいは本当にマストですね。それと近くに風邪を引いている人がいたら、自分を守る意味でマスクをするのが良いかもしれないです。

 

サンディエゴに住む日本人同士の会話によく出たのが、日本の風邪菌に対して自分たちの体は抵抗力がないから気をつけなさい、というものでした。しかしこの数か月で引いた二度の風邪も、特に不摂生が原因ではありませんでした。どちらかと言うと不意打ちを食らった感じです。

 

 

どのようにしたら風邪を引かない体作りが出来るのでしょう。これは私にとって非常に重要なこれからの課題です。そして再度日本の医療保険のありがたさをひしひしと感じました。何しろ診察、検査、薬、これらすべてで¥1,550 (3割負担 )ですよ。

 

そんなわけで、ブログ開始以来毎日記事アップを目標としてきましたが、残念ながら二日間穴をあけてしまいました。また今後も細々と書いて行きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

イラストや写真はグーグルイメージからお借りしています