読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さなミラクル通信

一日ひとつ小さなミラクル = 心のサプリ

成功脳作り 「ちょっと引いてみる」

成功脳作り

何かクリエーティブな事に取り組んでいる時、あなたの創造力はフルに稼働します。

 

創造の過程は頭脳を駆使して情報を集めたり、企画したり貯蔵する能動的なプロセスと、心や頭を静めてそこから何が生まれるか見極める受動的なプロセスから成り立っています。

 

ここで少し難しいのが、心と頭を静める受動的プロセスです。これは何か難しいことを一生懸命時間に追われてやっている時に休めと言われるようなもので、少し受け入れがたいかもしれません。しかしこれが出来るとグーンとより良い創造につながります。

 

 

たとえば仕事の企画書作りに行き詰まりを感じて、なかなか先に進めないような時、全く別のミーティングに向かう車窓から、外の風景をぼんやりと眺めていると、企画に関する画期的なひらめきが、どこからともなくポンと出てくるようなことがありせんか。

 

この「ぼんやり車窓からの風景を眺める」というのが創造力をフルに発揮するために重要な「ちょっと引いてみる」ことなのです。

 

 

この説を心理学の授業で習った時は、私自身も受け入れがたいものがありました。「多分本当のことだろうけど、私には引いてみるゆとりはない。継続あるのみ!」と思ったのを覚えています。

 

ところがある経験が、この説が正しいことを証明してくれました。それはとてもよく晴れた土曜日でした。その日私は翌週に提出しなければいけない大学院のプロジェクトをいくつも抱えていて、心に余裕は全くありませんでした。

 

 

プジェクトに奮闘していると、ある同級生から電話がかかってきました。その人はこれからサンディエゴ湾でセーリングをするから一緒に行こうと言うのです。私はとんでもないと思い、プロジェクトの量や、外国人だから時間が倍かかることや、一度出かけたら帰ってきたくなくなると思う等、ありとあらゆる理由を並べ立てて断ろうとしました。

 

すると友人は「カモン、ノリコ。たったの2時間、これは一生に一度のチャンスかもしれないよ」と言うのです。普通はこんなことでは心変わりしないのですが、どうした訳かふと行ってみようかと言う気になりました。本当はプロジェクトから逃げ出したかったのかもしれません。

 

 

サンディエゴ湾をセーリングする素晴らしさは、言葉では言い表せません。天はどこまでも高く青く澄んでいて、箒で掃いたような雲が薄くたなびいています。気温はほどよく、さわやかな風が頬にあたっています。

 

 

2時間のセーリングは、私のプロジェクトについて焦る気持ちさえ、どこかに吹き飛ばしてしまいました。そしてその日帰宅してからのプロジェクトの進み方は、自分でもびっくりするほどの速さでした。

 

「ちょっと引いてみる」というのは、実際にはどういうことなのでしょうか。何かを長時間一生懸命やっていると、次第に煮詰まってきます。すると直観力や判断力も低下します。そしてネガティブな思考パターンが躍動し始めます。

 

 

このネガティブ思考パターンこそが、私たちの成功の足を引っ張る最大の原因です。リサーチによると、私たちの一日の思考全体の約8割が、ネガティブな事柄だといわれています。これには驚きですが、自分の頭にどんどん出て来る思考にフォーカスしてみると、ちょっと納得します。

 

つまり「ちょっと引く」ことで煮詰まった脳を休め、外の風景などながめてボーッとするとネガティブ思考も静まって来て、またあなたのクリエイティビティーが息を吹き返します。

 

大切なあなたのプロジェクトをネガティブまみれにしない為に「ちょっと引いてみる」を実行することを是非お勧めします。

 

写真やイラストはグーグルイメージからお借りしています