読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さなミラクル通信

一日ひとつ小さなミラクル = 心のサプリ

どこからきたのか?架空の友達

不思議な話・ビックリな話

 

 

孫が2歳半だったころ「アリサマさんとアプリちゃんは、あかりの架空の友達だよ」と言い出しました。こんな小さな子が「架空の友達」なんて言葉、どこから仕入れてきたんでしょう。アリサマさんとアプリちゃん??いったいなに人じゃ?それを聞いた時はビックリするやら、ちょっとワクワクする気持ちもありました。

 

 

そういえば私にも架空の友達いました。小学生の頃だったと思いますが、仲良しのお友達と喧嘩した時や試験で悪い点を取った時などは、なぐさめてもらったような気がします。その架空の友達ともっと交流していたら、夢の広がる子供時代だったかもしれませんね。

 

でも何となく「本当じゃない友達」と話したりするのはいけないことと思っていたように思います。今考えると残念なことをしました。

 

 

 

なぜなら子供にとって架空の友達の存在は、社会性や客観性を身に付けたり、想像力を高める助けになるからです。そしてつらい時に心の支えになるとも言われています。

 

架空の友達その後

 

昨日から孫娘たちが一週間やって来ています。そこで今は8歳にになった孫に「アリサマさんとアプリちゃん」のこと聞いてみました。

 

「アリサマさんとアプリちゃんのこと覚えてる」

あかり「うん、覚えてるよ」

「その子たちどこからきたの?」

あかり「知らない。急に来た」

「今でも時々お話しするの?」

あかり「うん」

「なんのお話しするの?」

あかり「お友達や学校のお話し」

「アリサマさんとアプリちゃんはどの位の大きさ?あかりちゃんと同じくらい?」

あかり「ちょっと小さいよ。リリ(2歳下の妹)くらい」

「その子たちずっとその大きさ?」

あかり「うぅうん。ちょっとずつおっきくなってるよ」

 

なるほど!想像するって楽しいですね。

 

 

 

 

 

 

イラストはグーグルイメージからお借りしました