読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さなミラクル通信

一日ひとつ小さなミラクル = 心のサプリ

私のあしながおじさんへ「チャンスをありがとう!」

懐かしの南カリフォルニア

 

まったく予想もしていなかったのですが、私はあるきっかけでアメリカで暮らすことになりました。当初一年で帰国する予定でしたが、結局30年間南カリフォルニアに住みました。

 

何しろあまり計画性があるほうではありません。思い返すとその間起きた多くのことが「流れにまかせていたら思わぬところに来てしまった」という感じです。

 

アメリカは外国人が個人で就労ビザや永住権を取るのが至難の業で、私も取れるまで大分苦労しました。やっと永住権が取れた時は天にも昇る心地でしたが、人生そんなに甘くないですね。外国で生活するのはやはり心細いこともありました。

 

ビザはあってもアメリカで働いた経験もなく、その当時は特殊技能があったわけでもありません。しかしこれも流れにまかせていたら、大手日系企業のアメリカ本社で雇ってもらうことが出来ました。

日本の短大卒業の学位しかなく、資格も経験もない私にアメリカで働く機会を与えてくれたこの会社には感謝してもしきれません。でもこの会社が私に与えてくれたものは、これだけではなかったのです。

 

会社が "あしながおじさん”だった!

この会社は社員に対する福利厚生もとても充実したもので、その中に大学学費補助がありました。初めてその制度を聞いた時は、働きながら大学に行くほど勉強熱心でもないし、ほとんど気にも留めていませんでした。

 

しかしある時同僚のアメリカ人が夕方急いで帰る様子なので聞いてみると、6時からの大学のクラスに行くというのです。そして「あなたもアメリカで働くなら、最低学士号くらいとりなさい。会社が学費も教科書代も払ってくれるんだから」と言いました。

 

 

しかも会社から車で5分先にはカリフォルニア州立大学があり、私も心理学の勉強をしてみることにしました。すると日本ではあまり勉強が好きでなかったのに、大学に行くのがとても楽しみになり学士号も取ることが出来ました。

 

この会社の補助が無かったら、その後大学院に行くこともなかったでしょうし、博士号や州のサイコロジー免許を取ることもなかったでしょう。

 

 

当時 ”Sound.Vision.Soul" というカンパニーメッセージを掲げていたこの会社が、人生を大きく変えるきっかけをくれた私の"あしながおじさん"だったのです。

 

私のあしながおじさん、本当にありがとう!

 イラストや写真はグーグルイメージからお借りしています