読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さなミラクル通信

一日ひとつ小さなミラクル = 心のサプリ

絶対絶命!本当にもうダメかと思いました

その日私はロングビーチから少し西に行ったところに住む親友を訪ね、とても楽しい一日を過ごしました。ゆっくり夕食をごちそうになり夜の9時半過ぎに別れを告げて、サンディエゴの自宅へ向かいました。距離にして約160キロ、2時間から2時間半のドライブです。

 

 

日曜日の夜9時半過ぎのインターステート405号線は空いていて、快適にドライブを続けていました。その時の愛車はインフィニティG20、すでに数年乗っていましたがとても信頼のおける車でした。

ところが走り出して20分ほどしたところで、突然車が何だかフワ~っと横揺れしたなと思ったら、急に前方の表示パネル全体がピカピカと忙しく点滅し出しました。場所はまだやっとオレンジ郡に入ったあたり、何が何だかわかりませんが車の調子がおかしくなったことは明らかでした。

 

フリーウェイを降りて助けを求めることを考えましたが、日曜日の夜10時過ぎ、修理屋はすべて閉まっています。それにいつ止まってしまうか分からない車で知らないフリーウェイ出口で降りたくないというのもありました。おまけに携帯は後部座席に置いたハンドバッグの中、運転中だと取ることが出来ません。

 

どうしたら良いか分からないまま心臓はバクバク、ものすごい恐怖心と共にゆっくりゆっくり走り続けて、フリーウェイは405号線からインターステート5号線に移って行きました。その間コスタメサ、ミッションビエホやアリソビエホなどの街をいくつも通り抜けながら、「あともう少しあともう少し」と自分に言って聞かせました。

 

でも人間の思考って良く理解出来ませんね。こんな時でもどこか冷静な自分がいて、「御巣鷹山で墜落したJAL機に乗ってた人たちはこんなもんじゃなかったよ」などと頭に浮かんできます。

 

 

オレンジ郡を抜けてサンディエゴ郡に入る所に、キャンプ・ペンデルトンというアメリカ海兵隊の広大な基地があります。ここは常に軍事訓練が行われているような場所で、敷地内は戦地のようなしつらえにしてあります。時々日本の自衛隊もここでアメリカ軍と合同訓練を行うところです。そのような場所ですから夜は真っ暗で何も見えません。

5号線はその基地沿いの海岸線を走るのです。普段天気の良い時などは、ここからの太平洋の眺めは最高で、これぞ南カリフォルニア!といった感じです。しかし今は漆黒の闇です。

 

しかもその夜の5号線フリーウェイは急に濃霧が出てきて、1メートル程しか前方が見えなくなりました。おまけに時間と共に車量がますます減ってきて、もしここで突然車が止まってしまったら、一体私はどうなるのだろうと全身恐怖で包まれました。

 

するとまた「ここでエイリアンに連れて行かれても、誰も気づいてくれないかもしれない」などというバカげた思考が浮かんできました。本当に人間の思考っていったいどうなっているのでしょうね。

 

恐怖心てあまりにも大きくなると、頭がボーッとしてくるのですね。気を失いそうというと大げさかもしれませんが、極度の興奮状態だったことは確かです。

そして普段信仰心とは程遠い私ですが、この時ほど真剣に全身全霊をかけて祈ったことはありません。誰に対して祈ったかって?そんなこと知ったことじゃありません。「どうぞお願いです。私をお守りください‼」と大声で叫んでいました。

 

恐怖映画を地で行くような3時間の運転の末、息もからがら何とか自分の家のあるフリーウェイ出口までたどり着くことが出来ました。そして出口手前の信号待ちでは車は止まらなかったのですが、出口を出て数メートル走ったあと車は完全に故障し動かなくなりました。

 

        

 

その後はAAAに電話して、家まで送ってもらうことが出来ました。調べてもらったところ、電気系統の回路に不具合が起きていたことが判明しました。

 

すべてが終わって、何はともあれ無事でいたことに深く感謝しました。それにしてもあんなに祈り続けたことって、あとにも先にもあの時だけです。念ずれば通ずは本当のことかもしれません。