読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さなミラクル通信

一日ひとつ小さなミラクル = 心のサプリ

「私怒ってます」すると天の声か?

不思議な話・ビックリな話 心理カウンセラー知恵袋

その時私は怒ってました。なぜならムッとする経験が続いていたのです。大したことではないんです。でも大したことない事も重なると不快感が募ります。蒸し暑い昨今、もし下記のようなことが一日のうちに起こったら腹立ちません?

  1. ものすごく急いでいる出がけにストッキング伝染
  2. レジ係がとても不愛想で失礼
  3. 病院で2時間待たされ、聞いてみたら忘れられてた
  4. せっかく持ってきた傘が壊れて開かない。しかも外はザーザー降り
  5. 電車の中で座っていて両隣に迷惑の掛からないようにカーディガンを羽織ったら、隣の女性にカーディガンの袖が触ったらしく、グーで腿をドつかれた!

 

私は普段心の健康向上にかかわる仕事をしていて、「どうしたらそんな時気持ちを安定出来るでしょう」なんてすましてクライアントさんに聞いてるのに、自分のこととなると飛ぶんですね。まだまだ全然修行が足りません。

 

とにかくこんなことがあり、その日はドンヨリ一日が終わりました。そして寝る前にいつものごとく*瞑想することにしました。でもこんな日はあんまり上手くいかないのは分かっています。なぜなら昼間起こったことに心が引っ張られているからです。頭の中で「なんであんなことが起きたんだろう」と無意識に繰り返しているからです。

 

*心理カウンセリングで勧める瞑想は宗教的な意味合いは全くなく、心の軌道修正を目的としています。静かに座ってゆっくり呼吸します。すると雑念が次々出てきます。そしたら雑念を捨てるイメージをします。これを繰り返して5-20分ほど行います。雑念が出てこなくなるのが目的ではなく、雑念を捨てるのを繰り返すことが心の安定につながります。

そして瞑想を始めてみると思った通り昼間のことが次々頭に浮かんできました。そうしたらその思いを捨てます。何しろインパクトのある経験ですから思いは次々出てきて、捨てるのに忙しいったらありません。これを繰り返して10分程したころ、突然「スルッと抜ける練習」と言う言葉が聞こえました。

 

聞こえたと言っても本当に聞こえたわけではありません。言い換えるとその言葉が頭に浮かんだとも言えるでしょう。ただその声の特徴がどちらかと言うと甲高い響くような感じだったように思うのです。

 

        

 

え、何?スルッと抜ける練習って。と、しばらく瞑想を忘れて考えました。すると、そうか。いやなことが起きても流すしかないような場合は、とらわれずスルッと抜けて心を安定状態に戻す為の練習か。練習だから同じようなことが繰り返されるのか、と思いました。

 

瞑想前に「なんであんなこと起きたんだろう」と思っていたことへの、天からの答えだったのでしょうか。それとも妄想癖のある私の作り事でしょうか。