読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さなミラクル通信

一日ひとつ小さなミラクル = 心のサプリ

ディスカウントストアで高級料亭の扱いを受ける!

話し方って重要だというのは昔からよく耳にすることですが、ある時つくづくその思いを強くしました。

私は母のマンションからほど近いディスカウントストアを時々のぞいてみます。それはディスカウントストアを絵に描いたような店で、店内の照明は暗く期限切れ間近の商品が雑然と積み上げられています。

 

その日訪れた時も特別何か買いたいわけではなかったのですが、何か掘り出し物でもないだろうかと店内を物色していました。そして2-3点商品を選びレジに行きました。

 

すると私の前の客と話している女性店員の応対が聞こえてきました。その時私が思ったのは「え、聞き間違いじゃない!」でした。なぜかと言うとその店員の話し方や間の取り方が、いわゆる普通のディスカウントストアの店員とは全然違っていたからです。

 

耳をそばだてて聞いていると、その人の話し方はただ丁寧なだけではなく、心地よい響きがあるのです。それはまるで格式の高いホテルやデパートで働く熟練した接客プロのような話し方なのです。しかしそれでいて全く押しつけがましくなく、しいて言うなら高度な会話技術といった印象です。

 

 

その女性店員の外見はかわいらしい感じで年齢は二十代後半か三十そこそこ、特に派手な美人という訳ではありません。しかしこのような魅力的な話し方をする人が、なぜディスカウントストアで働いているんだろう。オーナーの娘だろうか。磨けば一流料亭の女将だって出来そうだわ。と、順番を待っている間私の妄想はど~んどん膨らみます。

 

そして私の番が来ました。その人はまず「...が一点、.....が一点」と普通のレジ係のセリフを述べました。私は心地良さの原因は何だろうと思いながら続けて聞いていると「千円お預かりいたします。(間) ありがとうございます。」と言った時の行間に入る(間)が原因と分かりました。また丁寧な話し方も身についていて、ファーストフードの店員がマニュアルを覚えたのとは全然レベルが違います。

 

そしてふ~んと感心している私に、その人は「お品物とおつりでございます。(間)お暑いのでお気をつけてお帰り下さいませ」と趣ある言い方で言いました。中身はポテチとサキイカです。その時女性店員はとても輝いて見えました。

 

 

私の妄想ではその女性がオーナーの娘でない限りもうすぐいなくなるでしょう。何しろ「掃き溜めに鶴」ですから。しかしながら話し方って、高級品を身にまとう位、いやそれ以上のパワーになりうるんだなとすっかり納得して店を後にしたのでした。