読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さなミラクル通信

一日ひとつ小さなミラクル = 心のサプリ

子供が泣き叫んだ時 やること/さけること

心理カウンセラー知恵袋

外で泣き叫んでる子供あなたも見かけたことありませんか。そんな時お母さんは本当に大変ですよね。昨日も近所の公園で泣き叫んでいる子供とお母さんがいました。

何気なく聞いていたのですが、お母さんの大声での受け答えがますます子供を興奮させていることに気づきました。ではどのようにしたら子供を興奮状態から落ち着く方向に導けるでしょうか。

            

どのような理由であれ子供が泣き叫んだ時にしてはいけないことは、お母さんも大声になって子供を黙らせようとすることです。昨日のお母さんも「ウ!ル!サ!イ!」と何度も叫んでいました。すると子供はもっと興奮してますます大声で泣き叫びます。

 

子供が泣き叫んだ時さけること

  • 大声出して何とか子供を泣き止ませようとするーこれは子供はますます興奮させ大泣きにつながる
  • 泣いている理由を聞き出そうとするー興奮中の子供はもう何が原因だったか分からない
  • 説教ー興奮している子供には何も伝わらない

子供が泣き叫んだ時すべきこと

  • 抱きかかえられるくらい小さい子供であれば、泣き出したとたんサッと抱いて静かな場所に移す(車の中、家の中など)大きな子供であれば連れて行く
  • 泣き止むまでお母さんは怒りをこらえて話しかけないようにする。30分くらいかかる場合もあるが、こらえて下さい
  • お母さんが何も言わないと暴力をふるってくる子もいるかもしれませんが、それにもあまり反応しないように、手を抑える程度にする

とにかくここで必要なのはお母さんも子供も少し興奮をさますこと。お母さんが穏やかになると、子供もお母さんの波長に合ってきます

  • 子供の興奮がすっかり収まったところでなぜ泣いたのかを、穏やかな声で聞く
  • この時お母さんの気持ちが落ち着いていることが重要
  • 社会のルール等のしつけをする
  • 子供が理解できたなと思った時に、抱きしめたり、頭をなでたり、「良くできました」と言葉がけをする

 

          

子供は怒るお母さんより悲しむお母さんに反応します。しつけの際は「お母さんはあなたがこんなことをすると悲しい」というメッセージを、怒りのメッセージの代わりに伝えましょう。