読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さなミラクル通信

一日ひとつ小さなミラクル = 心のサプリ

CA女神様

CAストーリー

サンディエゴまでの約9時間半のフライトは、その日満席でした。密室に9時間半閉じ込められるのですから、大人だってくたびれるしウンザリの人も多いでしょう。私もその一人でした。まして赤ちゃんやそのお母さんのストレスは想像を超えるものです。

 

                                                          

f:id:norikowatanabe7:20160617232229j:plain

飛行機が飛び立って少ししてから、私の座席の並びに小さな赤ちゃんを抱いたお母さんが座っていることに気付きました。その男の赤ちゃんはものすごく元気が良くて、絶えず動き回るのです。お母さんの腕の中で上下にドンドンと体を動かしたり、前の座席をたたいたり、立ち上がろうとしたり。

           

                                                   f:id:norikowatanabe7:20160617231955j:plain

時々赤ちゃんはキーッというさけび声も上げます。どうやら機嫌が悪いわけではなく、どちらかと言うと歓喜の雄たけびのような感じです。若くて華奢なお母さんはそのたびに消え入りそうな様子で、きっと心身ともにクタクタだったことでしょう。

f:id:norikowatanabe7:20160617232421j:plain

多分乗客の中にはそんな光景を、冷ややかな目で見ている人も大勢いたと思います。文句を言いたい人だっていたかもしれません。

    ところがそこにCA女神様の登場です!

そのCAさんは決して下の写真のような、殿方が恋人にしたいような感じではありません。

              f:id:norikowatanabe7:20160524121631j:plain

どちらかというとこのイラストのような雰囲気で、外見は近所のおばさんがCAコスプレを身にまとった感じです。

              

                                                     f:id:norikowatanabe7:20160617232442j:plain

ところがそのCAさんのお母さんへの気配りや、赤ちゃんの抱き方、あやし方と言ったら。まさしくプロフェッショナル!そのお方の背後には後光が差してるようで、思わず見とれてしまうほどです。きっとご自身も子育ての経験があり、お母さんの気持ちがよく理解出来るのでしょう。

このCA女神様は、回りの乗客にもお母さんの代わりにあやまったり、理解を促したりしてました。

プロとはこういうことですよね。ちょっとうれしい気持ちになった9時間半でした。

* プライベート以外の写真とイラストは、グーグルイメージからお借りしています