読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さなミラクル通信

一日ひとつ小さなミラクル = 心のサプリ

猫天使 2 マーキー

ネコ・動物・ペット

19歳のめす猫ブランディが具合が悪くなったころから、当時11歳のおす猫マーキーの様子がとてもおかしくなりました。何かに怯えているようで、以前から時々隠れていたタオルクロゼットに一日中籠るようになり、トイレをいつもの場所で出来ず粗相したりするようになりました。この時のマーキーは一体何を感じていたのでしょうか。

                     f:id:norikowatanabe7:20160530130533j:plain

この状態はブランディが天国に行った後も約6か月くらい続きましたね。なんだか連れ合いを亡くした夫のような感じで、とても悲しそうでした。f:id:norikowatanabe7:20160530182245p:plain

6か月位経つとそんなマーキーも大分落ちつきました。そしてその後も大切な家族の一員としていろいろと楽しい思い出がありました。ブランディがとても賢いおすまし猫だったのに比べて、マーキーは人懐っこくて甘えん坊なノンビリ猫でした。

 

僕も行くと旅行カバンの上で抗議中     

f:id:norikowatanabe7:20160617232827j:plain

一緒にお昼寝      

f:id:norikowatanabe7:20160617232854j:plain

 

そんなマーキーが15歳になった年、急にご飯を食べなくりました。獣医さんに連れて行くと、喘息の症状がひどくて食欲がないとのことでした。そこから約3か月間いろいろと手を尽くしましたが、病状は少しもよくなりません。猫ミルクをあげてもあまり飲まず、あんなに大きかった体がすっかり軽くなってしまいました。

                        f:id:norikowatanabe7:20160529205524j:plain

また私の懸念はマーキーが旅立つ時に、そばにいることが出来るかどうかでした。でもブランディの前例があるので、マーキーにお願いしたらきっと叶うはずとも思っていました。

最後の一週間はいつ旅立っても不思議はない状態でした。そしてある朝、その日は心理カウンセリングの予約が3時半まで入っていました。そこで出がけに「4時には帰ってくるから待っててね」とマーキーに言いました。

4時に帰ってみるとマーキーは虫の息の状態でした。そこで体を毛布に包んで抱きかかえるようにしていると、最後に大きな息をして旅立っていきました。2014年8月30日、4時15分のことでした。

                  

                                                                                   f:id:norikowatanabe7:20160617232928j:plain

    f:id:norikowatanabe7:20160529201200j:plain

天国のブランディのもとに行ったマーキー、今ごろきっと一緒に私を見守ってくれていることでしょう。

 

                      f:id:norikowatanabe7:20160530190448j:plain

プライベート写真以外のイラストや写真はグーグルイメージからお借りしています