読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さなミラクル通信

一日ひとつ小さなミラクル = 心のサプリ

天使の降臨

とても信じがたいお話です。科学的説明は出来ませんので悪しからず。

 知人のティファニーは社交的でいろいろなことに積極的な女性です。ある時体のだるさが普通じゃないので、かかりつけの医師の診断を受けました。

 知らされた病名はステージ4の卵巣ガンでした。そこからティファニーはみるみる重篤な状態になり、サンディエゴの大きな病院に入院しました。  

                                 

                                  f:id:norikowatanabe7:20160617233300j:plain

f:id:norikowatanabe7:20160528082927j:plain

入院の翌日まだほとんど治療もしないうちに、ティファニーは昏睡状態に陥りました。

医療機器につながれて、数値は彼女の最後の時が近づいていることを示していました。家族が呼び寄せられました。

 しかし昏睡状態のティファニーには、すべてのことが360度アングルで見えていました。医師や看護師が忙しそうにしている様子。家族が悲しんで泣いている様子。

すべてです。

                                   f:id:norikowatanabe7:20160528082842j:plain

それを見てもティファニーは、まったく悲しくも不安でもありませんでした。死ぬとも全然思わなかったそうです。

すると何か大きな暖かいものが上のほうから降りてきて、自分を包み込んだ感覚を持ちました。それはこれまで経験したことのないような安心感、そして幸福感だったそうです。まるで暖かな大きな腕に抱かれているような感じでした。      

                                                                                                                                                                            f:id:norikowatanabe7:20160526181136j:plain

 

なんとそのころ医療機器に示されている数値が徐々に向上し始めました。ガン治療といえるようなことは、何もしていません。そして翌日、驚いたことに数値が正常の範囲まで回復してしまったのです。

10日間の検査後、医師が言った言葉は「こんなことはこれまで経験したことがなく説明が出来ませんが、あなたのがん細胞の活動はどういうわけかストップしました」

このような例は病院始まって以来の出来事で、検査中も多くの医師や看護師が彼女のもとを訪れ、退院の時は大勢のスタッフから花束とともに見送られたそうです。

                                                   

                     

                                          

 

あれからすでに4年、ティファニーは今でも元気に仕事や趣味を楽しんでいます。